浄土真宗本願寺派 栢原山 龍仙寺
龍仙寺
トップページ龍仙寺の紹介年間の法要行事参加しませんか葬式・法事・納骨堂聖典講座知っ得情報私は門徒です住職の部屋副住職の部屋

住職・今月のお話

 いよいよ夏本番。夏と言えば海水浴や花火に興じた子供の頃が思い出されます。 海水浴は滅多に行けるものではなく、今は水泳禁止となっていますが水分峡(みくまりきょう)でよく泳いだものでした。
 お寺の前の川でもホタルが飛び交い、蛍狩りに興じたものです。今では考えられないことですが、石を集めて川をせき止め、深みを作って泳いだりもしていました。
終戦後の物のなかった時代、ニッケの木の皮や甘みを感じる草の根をかじったり、「ぶいぶい」と言っていた小さな木の実やサクラの実など食べられるものなら何でも食べたものです。
便所の人糞を畑の肥桶(こえたご)に移す手伝い、肥桶で発酵した肥を野菜の肥料に撒く手伝いも。衛生観念など全くない時代でした。今日、アレルギー症状が増えたのはお腹に回虫がいなくなったからだとも言われます。全て良しとはいかないようです。
 いつの時代、どんな環境の中にも苦悩が無くなることはありません。


広島県府中町のお寺 栢原山 [龍仙寺] (はくげんざんりゅうせんじ)

龍仙寺

 龍仙寺は京都・西本願寺を本山とする浄土真宗本願寺派の寺院としておよそ五百年にわたって親鸞聖人のみ教えを守り今日に至っています。宗門行政上は、浄土真宗本願寺派 安芸教区安芸北組に所属する寺院です。
 浄土真宗本願寺派は全国におよそ一万か寺の寺院を擁し、三十一教区五百三十三組ならびに沖縄特別区で組織されています。海外にはハワイ・北米・カナダ・南米が開教区として、また台湾・ネパールに開教寺院を擁しています。
 十五世紀後期(明応年中1492〜1501)、現在地の東北、江本寺(石井城二丁目)に蓮華寺(瀬野川町畑賀)の末寺として僧深澄によって建立された。当初は真言宗だったが、大永三年(1523)に浄土真宗に改宗。
 第八代住職釈了安が、現在地に移転。寛永十三(1636)年五月十八日付けで本山本願寺より阿弥陀如来木像が下附、正式に本願寺末寺として寺号認許となった。
 現在の本堂は十九世紀中頃の建立。
 江戸時代後期、第十四代住職釈大乗は学芸に通じ、頼春水・頼杏坪・頼山陽・菅茶山など多くの文人が来遊しています。


龍仙寺 本堂改築工事(金剛組)


納骨堂

お寺の続く限り、永代にわたって大切にお守り致します。
納骨時の永代経懇志以外の維持管理費は不要です。
【葬式、法事、納骨堂】をご参照下さい。



りゅうせん幼稚園

りゅうせん幼稚園

 昭和36年、親鸞聖人七百回大遠忌の記念事業として、りゅうせん幼稚園を開設。「手を合わす心の育成」をはじめ「音楽・絵画・知育・運動」など総合的な人間育成を行っています。







近日中の法要・行事等のご案内 [龍仙寺]

盆会法要
 8月10日昼席(午後1時30分) 夜席(午後7時30分)
      11日昼席(午後1時30分)
      講師 朝枝 暁範師 (北広島町 本立寺住職)
     ※聴講無料

秋季永代経・彼岸法要
 9月19日昼席(午後1時30分) 夜席(午後7時30分)
      20日昼席(午後1時30分)
      講師 福間 義朝師 (大和町 教専寺住職)
     ※聴講無料



      



あなたは、 番目のお客様です。
(c)2008-2013 by RYUSENJI all rights reserverd.
(このホームページ内容の無断転載を禁じます)